山川賢一検証blog

批評家・山川賢一(@shinkai35)の言動を検証するblogです。誤りのご指摘・ご意見はyamakawakenshoあっとgmail.comまで。

山川賢一の「論証のやり方」について

1 記事の背景

 筆者がなぜ山川賢一の検証を始めたのか。それは山川賢一の「論証のやり方」の中に、「ポスト真実」的なものを発見したからである。思い込みや事実誤認は誰にでもあるが、山川のやっていることはそうした素直なものではない。どういうことなのか。以下で順を追って説明する。 

 

2 最近のウォーフ批判の背景

 山川はここ最近言語学者ベンジャミン・ウォーフへの批判に精を出し、最近はウォーフに関し「こんなどうでもいいオカルト野郎*1と罵るなど、精神を加速している。一体どうしてウォーフなのか。その大きな理由は、山川によると「ウォーフの学説はポモ(ポストモダニスト)そっくり」だからだ。

 

twitter.com

記録1 記録2

 

 山川によるとポストモダン側(誰のことか不明だが)は、「言語や文化が知覚に影響する、よって文化圏により現実認識には埋めがたい溝がある、よって科学は信頼できない」という論法を使うらしい。

 そしてポストモダン側もウォーフも「言語が知覚に影響する」と主張している。加えて「諸言語による思考は絶対的に異質なので人間は普遍的認識をもてない」と考えている点が、山川によると共通している。山川が理解する「ウォーフ」の言語相対論によると、身に着けた言語が異なることの影響によって、「普遍的認識」をもてなくなるほど、知覚や思考が強く歪んでしまうのだ。「山川ウォーフ」によれば 知覚は普遍的ではない

 

twitter.com

記録1 記録2

 

 

twitter.com

記録1 記録2

 このためウォーフを批判することで、「ポモ」(ポストモダニスト)の批判もできるというわけだ。

 

3 最近のウォーフ解釈論争

 ところで山川の色々なふるまいがあまりにも杜撰であるため、筆者以外にも疑問を呈し、直接ウォーフの著作を読んで、山川を批判する人たちが現れ始めた。<<いや、ウォーフそんな強いこと言ってなくない?特定の解釈者がへんな解釈をしてるだけじゃ・・・>>という幾人かによるツッコミを、最近の山川は以下の議論で退けている。

 

twitter.com

記録1  記録2

 

 上記主張の根拠に、山川はウォーフの主要論文集『言語・思考・現実』「講談社学術文庫版ウォーフの138-139から引用」したと、具体的な論拠を引用して見せている。

 

 さて、ここからが本題だ。「山川ウォーフ」の主張は、本物のウォーフの主張と一致するのか?上記の山川の要約が、そもそも山川の歪曲なのである。このことをまずは示す。山川は『言語・思考・現実』からの引用個所を以下2ツイートで提示している。

 

twitter.com

記録1 記録2

twitter.com

記録1 記録2

 

山川が、知的には」というウォーフの慎重な限定を「省略」した行為がお分かりだろうか?超スピードの詐術で見えなかった人もいるかもしれない。だが確かに「知的には」が省略されている。

 この慎重な限定で、ウォーフは「知的な領域において『空間』[の概念]は『外的な概念』と混ざりうる」ことを示唆しつつ、「知的な領域以外」についての主張だと誤解されないようにしている。加えて、例えばおそらく空間の認識というものは言語に関係なく、経験上、本質的に同一である、と直前の行でちゃんと書いているのである。山川はこのウォーフの論述を完全に無視している。(読んでてここが目に入らないってこと、ある?)

以下に、山川の主張に反するウォーフの主張個所を青色で引用する。加えて、山川が引用したウォーフの主張個所を赤色で引用する。

 

 (以下、ウォーフ『言語・思考・現実』p.138から引用)

われわれの「空間」の概念というものはどうであろうか。空間については、時間の場合ほどホーピ族とSAE[ 注:「平均的ヨーロッパ標準語」のこと, 同書, p.102 ]の間で著しい差はない。おそらく空間の認識というものは言語に関係なく、経験上、本質的に同一の形で与えられるのであろう。このことはゲシュタルト心理学者が視覚について行った実験によって事実として認められているようである。しかし、「空間の概念」というものは言語によっていくらか変わるものである。なぜなら、知的な手段として考える場合、それは同時に用いられる他の知的な手段、すなわち、「時間」とか「質料」とかいった言語的に条件づけられているものの体系との併用ということに密接に結びついているからである。われわれはものを目で見るとき、ホーピ族と同じ空間的な形として捉える。しかし、われわれの空間の概念は、時間、強度、傾向などという非空間的関係の代用として、また、無定形として想定されるところのものによって満たされるべき空所として機能するという性格も持っているのである。そして、『空間』という表現はそのような無定形として想定されたものの一つを指して

(ここまでがp.138)

(ここからがp.139)

すら使えるのである。ホーピ族の知覚する空間は知的にはこのような代用物との関係はなく、外的な概念と混っていないという意味で、比較的「純粋」だと言えよう

 

 まず補足すると、 「知的な手段として考える場合」に関し、ウォーフは「「ニュートン的」、「ユークリッド的」空間などというものもこれに含まれる」(p.142)と注をつけている。

 先述した「知的には」というウォーフの限定を山川は省略し、都合よく「要約」した。このため、あたかもウォーフが「ホーピ族の知覚する空間」(非-知的な空間)が「概念」と混じると言っているかのような「誤読」が出来上がる。付け加えると、この省略状態でもウォーフは「知覚が概念と混じる」とはいってなくて、「ホーピ族の知覚する空間」が「概念と混じりうる」という意味のよくわからない表現のままのはずだ。これでは意味不明だから、山川は第二段階として「空間」という語を削除し、「つまりウォーフにおいては、「概念」は「知覚」と混じり、「知覚」を変容させるのです」という藁人形(山川ウォーフ)を作り上げた。これは誤読ではなく積極的な創作行為である。

 付け加えると、「概念」も「知覚」も曖昧で文脈によって意味が決まるんだから、ちゃんとウォーフの意図を汲まないとダメでしょ。ウォーフが言ってるのは「空間」とひとことで言っても、言語構築的な部分とそうでない部分があるというはなしなのだが。(後日、別の記事で先行研究を引用する予定)

 

 ところで上記p.138という同一ページに、山川の読みに再考を迫る「反証」の証拠が目に入ってくる。空間の認識というのは言語に関係なく、経験上、本質的に同一」という個所と、これに対比される「しかし、「空間の概念」というものは言語によっていくらか変わるものである」というウォーフの主張個所である。 この箇所が目に入らないということが、あり得るだろうか。もう一度p.138-139の引用個所を確認するか、できれば『言語・思考・現実』に直接あたってほしい。山川は、意図的に自分に不利な証拠を黙殺しているのではないか。

 

 蛇足かもしれないが、前後の文脈を考えれば、以下の山川のラッコ=筆者に対する反論は的外れであると伝わるのではないか。

 

twitter.com

記録1 記録2

twitter.com

記録1 記録2

 

 ラッコ=筆者は山川のように「概念が混入」などとはいっていない。あなたが好きな表現でいうと、それは「誤読」です。むしろ分離しうる普遍的「心理的部分」に「プラス」して、変わりうる「概念の部分」を乗せたもの。すなわち二階建てのイメージで読むのが適切だと言っている。「おそらく空間の認識というものは言語に関係なく、経験上、本質的に同一の形で与えられるのであろう。このことはゲシュタルト心理学者が視覚について行った実験によって事実として認められているようである」というウォーフの主張でわからないとおかしいのではないか。

 筆者の解釈もまた図式的であり不正確ではあるだろうが、少なくとも「山川ウォーフ」の10倍くらいは「マシ」であると今も言える。というのは、この理解はウォーフ研究者による幾つかの先行研究に対して、「山川ウォーフ」よりはるかに両立可能なものだからである。これから記事を書くつもりです。

 

ちなみに山川のウォーフ解釈を批判してきたあすかい氏はこう解釈している。

twitter.com

 

繰り返すと、山川はウォーフの主張における自分に都合の悪い箇所を引用せず、言及もしない。果たして、たまたまの「不注意」から、こうした証拠の黙殺が起きるものだろうか?

 前回書いた記事でも、山川が同じ手口を使っていることを指摘した。

山川賢一のウォーフ解釈:ウォーフにおける「普遍的認識」 - 山川賢一検証blog

 

 頭の片隅くらいに置いてほしいのだが、山川はこういう手口を使う。彼の書くあらゆる文章には、こうした「情報操作」がされている可能性がありうる。彼のファンは気づいている様子がない。寒々しい光景である。

 

 筆者も何年も山川をフォローしていたが、ごく最近まで気付けなかった。違和感から検証を始めてようやく気付いた。

 山川の単なる「誤謬」を「ウォーフ警察」としてあげつらったり、取り締まるのが筆者の意図ではない。山川が論争相手を叩くやりかたに疑問を抱き、こうして細かく検証した結果、彼がどういうことをしていたのか、徐々に分かってきた次第である。

 

 ある意味で、山川は「ポスト真実」時代に適応した天才であるといえるのではないか。(適当だけど) 

 

ポスト真実の政治(英:post-truth politics、真実後の政治[1])、ポスト事実の政治(英:post-factual politics)とは、政策の詳細や客観的な事実より個人的信条感情へのアピール英語版が重視され、世論が形成される政治文化である[2]

ポスト真実の政治 - Wikipedia

 

ポスト真実の政治における論証は、政策の詳細は欠けており、断言を繰り返し、事実に基づく意見・反論は無視される。伝統的な議論とは異なっており、事実が歪められ、二次的な重要性を与えられている。

ポスト真実の政治 - Wikipedia